五十肩、四十肩の痛みでお困りの方へ

五十肩、四十肩は病名ではない!?

ここでは、四十肩も五十肩と同じなので、総称して五十肩と書かせていただきます。
世間一般の方は「五十肩」という病名だと思っていますが、実は五十肩という病名はありません。五十肩とは属名であって整形外科的な言い方をすると「肩関節周囲炎」と言います。肩関節周囲炎という病名は一般的には知られていないため、整形外科に行っても「五十肩ですね」と属名で診断されることがあります。

五十肩の基礎知識

五十肩(肩関節周囲炎)とは壮年期以降、肩における各種病態の総称です。肩関節における疼痛(いたみ)と可動域制限(動かない)を伴う炎症性疾患は全て五十肩(肩関節周囲炎)に含まれます。

・腱板損傷(けんばんそんしょう)
・肩峰下滑液包炎(憲法下滑液包炎)
・関節唇損傷(かんせつしんそんしょう)
・関節包炎(かんせつほうえん)
・腱板疎部損傷(けんばんそぶそんしょう)
・二頭筋腱炎(にとうきんけんえん)
・肩鎖関節炎(けんさかんせつえん)
・烏口上腕靭帯下部の炎症(うこうじょうわんじんたいぶのえんしょう)
・腱板の損傷のない腫れ
など肩関節の様々な部位に起こる炎症の総称です。そのため、病態は様々あり、整形外科では細かい病態分けをしないので治りづらい疾患とされています。
例えば、腱板損傷(けんばんそんしょう)のみの五十肩もあれば、腱板損傷と肩鎖関節炎(けんさかんせつ)が併発した五十肩。
肩峰下滑液包炎、関節唇損傷、二頭筋腱炎が伴った五十肩など病態は人によって変わります。各疾患によって日常生活での楽な姿勢、リスク管理などは変わるため、本来なら「五十肩」とひとくくりにせず、どの部位を痛めているのかをしっかりと見極める必要があります。

 

例えば、肩峰下滑液包炎を起こしている五十肩の場合、肩が下垂している状態(手を下に降ろしている状態)だと肩峰下滑液包には牽引力がかかるため、脱力をしていても痛みが伴います。
親指を腰のベルトにひっかけるような姿勢(軽度脇が開くような状態)でいると、肘が軽度曲がった状態になり、肩峰下滑液包には牽引力がかからないようになります。この姿勢ですと肩の痛みは和らぎます。
逆に痛いからと言って三角筋固定で脇を閉じた状態でいると肩峰下滑液包には牽引力がかかるため痛みがさらに助長することになります。
このように各種病態によって楽な肢位なども変わるためどの部位を痛めていてどのような姿勢をとって安静にするのかが大変重要になってきます。五十肩(肩関節周囲炎)の急性期(炎症期)はいかに楽な姿勢で安静にできるかがのちの経過に大きく関わってきます。

五十肩の嘘①固まってしまったら動かせ!」はウソ

「五十肩(肩関節周囲炎)は固まってしまうから動かしたほうが良い!」このようなことを友人などに言われたことはないでしょうか?これは大きな間違いであるためしっかりと頭にいれておいてください。確かに積極的に動かした方が良い時期もありますが、積極的に動かす時期を間違えると症状は進行し、逆に関節を固め手術をしないと改善しないほど悪化してしまうこともあります。
五十肩(肩関節周囲炎)にはその症状によって急性期(炎症期)、亜急性期、慢性期に分けられます。

五十肩(肩関節周囲炎)の急性期(炎症期)

五十肩(肩関節周囲炎)の急性期(炎症期)とは炎症性滑膜(えんしょうせいかつまく)という組織ができている時期を言います。炎症性滑膜には毛細血管(もうさいけっかん)がたくさん集まっていて、痛みを感じる神経終末(しんけいしゅうまつ)がたくさん絡み合っています。痛みを感じる神経終末がたくさん絡み合っているため、この部分が引っ張られたり、揺れたりするだけで激痛を招きます。
「通りすがりの人に肩がぶつかったら激痛でうずくまってしまった。」
「寝返りをしようとしたら激痛で起きてしまう。」
「何か物を取ろうとしたときに激痛がはしる」

などといった急激な激痛を訴える肩痛はこの急性期に起きます。この時期の傷ついた組織が痛んでいるのではなく、炎症性滑膜が痛みを起こしています。

急性期(炎症期)の特徴的な痛みとして、関節抵抗がないのに突然「痛い」と訴えるのは急性期(炎症期)の痛みの時期である可能性が高いです。

他動的に肩を上げていくと関節可動域制限がないのにもかかわらず途中で「痛い」と訴えます。

急性期(炎症期)に大切なことは何?

急性期(炎症期)に最も大切なことは安静にすることです。
この時期に「固まるから動かす」と言うことをすると大変なことになります。
炎症性滑膜(えんしょうせいかつまく)は痛めた組織を覆って早く治そうとしています。一刻も早く治すために痛みを出して「動かさないで!」という信号をだしています。それなのにも関わらず動かすと炎症性滑膜は「動かさないで!」という信号を強めるため炎症をさらに強め痛みも増強します。
炎症性滑膜が炎症を起こしている時期に動かして炎症を強めてしまうと「滑膜バンド」という組織を作り、関節の上下をくっつけてしまいます。滑膜バンドができてしまうと体表(体の外)から切ることはできないため、手術で滑膜バンドを切らないといけません。
炎症期にむやみやたらに動かすのは大変危険なことなのです。

急性期(炎症期)におこなう大切なことは炎症の鎮静化(ちんせいか)と炎症性滑膜(えんしょうせいかつまく)の増生予防です。いかに力を入れさせない肢位にするか。その部分に負担をかけずに安静にするかがポイントになります。

 

※五十肩に関して知識のない治療院などで治療を受けると急性期に積極的に動かされて滑膜バンドができてしまい、全く動かない五十肩になってしまう可能性があります。正しい知識をもった治療院ですと炎症期から対応する技術をもっていますのでより早期に五十肩の改善が望めます。

五十肩の急性期(炎症期)の治療はとても繊細な治療を要する

五十肩の急性期(炎症期)の治療のポイントは損傷部位にいかに栄養を送るかです。損傷部位に栄養がいきわたり組織の損傷が改善すれば炎症は収まり、炎症性滑膜の増生も防ぐことが可能です。しかし、むやみに肩関節をマッサージなどをすれば炎症性滑膜が刺激されて炎症反応が強くなり返って悪化を招きます。

この時期の治療は肩関節に直接触らず、損傷部位の循環改善を図り、栄養を送るよう促すかがポイントになります。
当院では鍼治療を肩関節そのものには刺さず、肩関節に循環改善ができる遠隔のツボを用います。また、肩関節の循環改善、炎症除去の効果のある波動療法や整体法(痛みのないソフトな整体)を用いて治療していきます。

また、急性期(炎症期)は比較的薬物療法(痛み止め)も効く時期です。痛み止めを飲んで著効があった場合は炎症の痛みが主流であるといえますが、痛み止めを飲んでも「少しは和らいだけどまだ痛みが結構ある」と言う場合は炎症のみの痛みではなく他の部位(胸郭出口症候群など)が併発している場合がありますのでお薬を飲んでも痛みがけっこう残る場合は他の部位の疾患があることを頭にいれておきましょう。
このように五十肩(肩関節周囲炎)は関節内から関節外の様々な病態が絡み合うためしっかりとした知識をもっていないとなかなか治療も難しくなってしまいます。

亜急性期

亜急性期は急性期(炎症期)に比べて少し炎症反応が治まってきた時期のことです。炎症性の毛細血管の表面の炎症はおさまってきていますが、まだ中には残っている状態です。
この時期は炎症の収まっている部分に対して動かすことは良いのですが、炎症部まで動かすと痛みが増してしまいます。
なので徐々に動かした方が良い時期ではあるのですがむやみやたらに動かすと返って痛みを増強させてしまう時期ともいえます。

急性期に増殖した炎症性滑膜の炎症反応が治まってきている部分に伸長刺激(ストレッチ)をくわえることで、体の中のゴミを取り除いてくれる細胞・浸食細胞が炎症性滑膜の吸収促進をしてくれます。

炎症が残っている部分には伸長刺激は入れず、炎症反応が鎮静化した部分に伸長刺激を入れていきます。これを愛護的伸長といいます。

では愛護的伸長とはどの程度の刺激でしょうか?

五十肩の方が筋緊張起こさない程度の刺激です。伸長刺激(ストレッチ)をやった際に相手の息が止まってしまっているようでは愛護的伸長とは言えません。肩が拘縮して痛みを伴うのに伸長刺激(ストレッチ)を強めにおこなうと患者さんはきつくて息が止まってしまいます。これは愛護的伸長とはいえません。

伸長刺激(ストレッチ)した際に、患者さんに力が入らず、ゆっくりと呼吸ができ、少し痛いが気持ち良いという程度に留めておきましょう。
伸長刺激(ストレッチ)をして「痛い」ほうが強くなってしまっている場合は炎症性滑膜の炎症部位刺激が入ってしまっている可能性が高いため、そこまでの刺激は入れない方が良いです。再び痛みが強くなってしまう可能性があります。

亜急性期にいかに良い治療をするかがその後の予後に大きく関わる

五十肩の治療において亜急性期にいかに良い治療をするかが予後に大きく影響してきます。むやみやたらに動かす運動療法やマッサージ、整体などをおこなうと、炎症性滑膜の炎症部分を刺激することになり、痛みがまた強くなったり、滑膜バンド(手術でないと取り除けない拘縮)を助長させる可能性があります。

かといって安静にしていると、炎症性滑膜の吸収は促進されず、肩関節の可動域制限は改善しません。
亜急性期には炎症部をいかに刺激せず、痛んでいる組織に血液循環を供給しながら、炎症が治まってきた部分に伸長刺激(ストレッチ)を入れていくかがポイントになります。

肩関節は複雑な構造をしているのですが、専門的知識を持たずに治療をおこなっている施術家は多いです。急性期、慢性期の部類分けはしていてもそれぞれ治療法を変えたり、亜急性期まで分けていなかったりや炎症性滑膜を知らない施術家もいます。
そのため、五十肩はなかなか治りづらい疾患となってしまいます。
五十肩は一回で劇的に治るような疾患ではないですが、治療のやり方によっては悪化しかねない疾患です。

亜急性期に専門的知識をもった施術家に治療をしてもらえるかが五十肩改善の大きなカギとなります。

慢性期(拘縮期)

五十肩(肩関節周囲炎)は慢性期に入ると痛みはあまりありませんが動かない(可動域制限)がみられます。この時期に入ったら積極的に伸長刺激(ストレッチ)をおこなってよいです。ご自分でアイロン体操や壁を使ったストレッチなどをしてどんどん伸ばした上げることによって固まってしまった炎症性滑膜が壊されていきます。この時期はある程度のストレッチでしたら痛みは伴わず気持ち良い程度の刺激になります。

慢性期の治療自体はあまり難しい治療ではないため、どの治療院でも対応が可能かと思われます。上記でも急性期、亜急性期にいかに良い治療をしてるかがポイントになりますので

当院での治療

土井治療院での五十肩に対する治療は、東洋医学と西洋医学を織り交ぜた治療を行っています。

四十代、五十代というと、ホルモンバランス自律神経等、体の変調をきたしやすく女性では更年期障害も始まる年齢です。(最近では、男性更年期障害もあると言われています。)

そのような観点から、五十肩は、ホルモンバランスや自律神経のバランス、内臓の不調など、体全体の変調により起きているという説もあります。

当院では、
痛みを感じている肩のみを治療するのではなく、東洋医学的理論に基づいて、五臓六腑の機能を活性化し、ホルモンバランスや自律神経のバランスを整え、痛みを感じている五十肩にスムーズに血液循環が行えるような環境を整えていきます。

体全体を整えたうえで、痛みを感じている肩の治療を行うことで、より一層の治療効果が望めます。

五十肩は、痛みを特に感じる疼痛期や、痛みは楽になってきたが、肩が上に上がらなくなってしまう拘縮期など、患者様の体質や、痛みを感じてからの期間などによって症状の出方は様々です。

このような様々な症状に対して同じ治療をしていたのでは、なかなか症状は改善しません。

当院では、痛みの強い疼痛期には消炎鎮痛を目的にできるだけ痛みから改善する治療をおこないつつ、内臓の機能を整え、自然治癒力を上げていきます。
少し痛みが治まったところで、五十肩の経過とともに治療法を変えることにより早期に回復が望めます。

五十肩(四十肩)はただの運動器疾患ではないためなかなか治りづらい部分があります。

①内臓の機能をあげ自然治癒力をあげること
②脊椎、肋骨、肩甲骨、上腕骨など肩関節に関係する部位の歪みをただすこと
③固まってしまった筋肉を緩ますこと
④癒着してしまった関節を剥がすこと

上記の4点を治療していかないとなかなか改善には向かいません。痛いからといって湿布を貼っていてもいつまでたっても痛みからは改善されないでしょう。

整骨院での電気治療では筋肉を緩ます作用程度に終わってしまうためなかなか改善が望めません。
当院では五十肩(四十肩)をより早期に改善するために様々な治療を組み合わせて治療をおこなっています。

鍼治療、整体治療、筋膜リリース、波動療法などその方に合った治療法を様々な治療法を組み合わせて最適な治療をおこないます。院長が毎年セミナー代に数百万円かけて身に着けた五十肩に最適な治療法を選択しておこないますので難治性の五十肩(四十肩)でも高い効果が望めます。

五十肩は正確な治療を行うことで早い人では一回の治療で、長くかかる肩でも数カ月の間には治癒が望めます。五十肩でお困りの方、ぜひ土井治療院の施術にいらしてください。

「痛い、痛い…」と悲鳴をあげていたのも翌朝からなくなりました。

アンケート用紙

右肘が痛くなり整形外科へ通っていましたが、なかなか良くならず自分の肘から下を持ち上げるのも辛くなりました。夫が土井先生の治療を受けていたので私もお願いしたところ初回だけで辛い痛みがぐっと軽くなり朝目覚めたときに腕を動かす時には必ず「痛い、痛い…」と悲鳴をあげていたのも翌朝からなくなりました。
五十肩の痛みもあったのでそれからしばらく通いましたが、肘・肩も痛みはなくなり身体が動くようになりました。
あのまま整形外科へ通い続けていたらこれほど良くならなかったのでは?と思います。
本当にありがとうございました。

東京都世田谷区 50代女性  竹村 津絵 様 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

動かすと痛い五十肩が良くなりました!

アンケート用紙

・治療院に来る前どのような症状でお悩みでしたか?

(大変恐縮ですが、エピソードを交えて詳細にお願いします)

五十肩です。それも両肩。腕は後ろに回らず上に上げられず→つり革は掴めず、髪は結べず、寝ても痛みで目が覚めるほど。整形外科にも通い半年間でリハビリ終了。治らないものなので、これ以上悪くならないように生活してくださいと言われ、普通に生活する事に支障が出ている状態でした。

 

・この治療院のどんな所が「いいな」と思いますか?

(施術者の印象、治療内容などなんでも結構です)

明るい。親身になって対応してくださる。完全予約で待たされる事がない(会計含め)

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください。

初めに「時間はかかるけど治ります」と言われました。本当にその通りになりました。左肩など(右はほぼ完治ですー)何ごともなかったように良くなっています。ありがたいです。

 

・同じような症状でお悩みの方にメッセージをお願いします。

先生を信じて委ねましょう(笑)通っているうちに気づくと良くなってます‼

神奈川県横浜市旭区在住 田中様 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

電話番号:0120-000-435

LINEからのご予約はこちら(24時間受付中)

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

なぜ、多くの院の中から当院が選ばれるのか?5つの理由

技術研磨の総額2000万円以上!全国に渡り技術を磨いてきたから

施術の写真

多くの整骨院・整体院では1つの技術を学び、その技術で施術を行います。
言うなれば、1つの技術しかないため対応できない症状も存在するのです。

しかし、当院はちがいます。
院長自らが全国へ赴き、良いと言われる技術はすべて習得してきました。
そのため、その方の症状・体質に合った最速最善の施術法をご提供することができます。

トップアスリートからも支持される技術

お客様の写真

当院には、トップアスリートが多数ご来院いただいております。
お名前は控えさせて頂きますが、Jリーガー・オリンピックメダリスト・ボクシング世界チャンピョン・プロレスラー・プロゴルファー・実業団ランナー・大学駅伝ランナー・プロダンサーの方の症状を改善へと導いてきました。

身体を資本とする選手の方々が頼りにしてくれる施術院であることをうれしく思います。

新聞・雑誌・本などのメディアにも多数掲載

掲載メディアの写真

土井治療院は、多くの雑誌や健康本などに掲載されています。
テレビでは、報道番組『news every』への「スマホ肘」に関する取材も協力いたしました。

また、読売新聞や神奈川新聞など新聞媒体にも掲載。
これは施術業界では珍しいことです。

これも、地域をはじめとした皆々様にご支持いただいたおかげです。

セルフケアの方法を動画で分かりやすく伝えているから

動画の写真

当院ではYouTubeチャンネルを構えており、そこにセルフケア動画を投稿しています。
なかには再生回数が550万回を超えている動画も。

ご来院者様には、そんな大人気のセルフケア動画の中から、その方に合ったセルフケア方法を厳選してお伝えしています。

ご希望の方にはLINEでの動画配信も行っていますので、「あのセルフケアはどうやるんだっけ?」と忘れてしまった時でも、いつでも確認することができます。

▼当院のセルフケア動画一覧はこちら
https://www.youtube.com/user/doichiryouin/playlists

女性スタッフ常駐 キッズスペースも完備

キッズスペースの写真

当院には女性スタッフが常にいるため、男性による施術が苦手な方でも大丈夫。
ご要望がございましたら、対応させていただきます。

また、院内にはキッズスペースも完備。
小さなお子さんをお持ちのママさん・パパさんもお気軽にご来院ください。

当院の施術は身体のことを熟知した健康のプロから高い評価を得ています

サッカー界のレジェンドからの推薦文

木村和司様

プロバレエダンサーからの推薦文

ドイツニュールンベルグ州立劇場所属
佐々木名都様

プロダンサーからの推薦文

小峯晃様

JFL 松江FCからの推薦文

泉宗太郎様

医師からの推薦文

中里俊隆先生

「量子療法」開発者
「新医学研究会」主催
「新医学療法院」理事長

中里俊隆先生

土井亮介先生は施術業界をリードしてくれると信頼しています

土井亮介先生には、長崎で開催していた「新医学療法」のセミナーや、福岡でのセミナーに参加していただきました。
「真面目に勉強されている」というのが第一印象です。
私の話に真剣に耳を傾け、鋭い質問も投げかけてくれました!

現在施術業界も大きな変化の渦の中にいますが、土井亮介先生はしっかりした愛のエネルギーを胸に定着させて仕事に取り組んでくれているので、さらに進化向上し業界をリードしてくれると信頼しています。

土井亮介先生は愛の存在の人。尊敬しています。

医師からの推薦文

坂田龍彦先生

外科医
坂田龍彦先生

土井先生は、たくさんのご来院者様を笑顔に導いた実績が豊富です

土井亮介先生とは、「エネルギー療法」の大御所のセミナーで度々ご一緒させていただいています。
そのご縁で御推薦の療法セミナーを教えて下さり、私も学ぶようになりました。

土井先生はお人柄が素晴らしく、御縁ある方々を笑顔にして差し上げたいと、あくなき探究心で日々研鑽されております。
また、たくさんのご来院者様を笑顔に導いた実績も豊富です。

私も誠意をもって土井治療院さんを推薦させていただきます。

施術料金のご案内(すべて税込表記)

電話番号:0120-000-435

LINEからのご予約はこちら(24時間受付中)

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする