腰部椎間板ヘルニア(椎間板性腰痛)でお困りの方へ

上記のMRI画像は、私の患者様から直接お借りしてきた画像です。素人目にもおわかりかと思いますが、典型的な椎間板(ついかんばん)ヘルニアを患っています。
MRIを撮った当初は右足太もも後側~ふくらはぎ、足底全体に強いシビレ、痛みがあり、歩くのも、片足を引きずってやっと歩ける程度でした。
しかし、この患者様は手術を行わず、定期的に当院の治療に通っていただいた結果、現在はシビレや痛みもなく、少し予約時間に遅れた時には、小走りでやってくるほど症状が改善しました。MRI画像上、かなり深刻なヘルニアでも、当院の治療で改善することが望めます。

椎間板ヘルニアは、鍼灸マッサージで治療が可能な場合も数多くあります。ヘルニアで腰痛や足のシビレでお困りの方、ぜひ一度、土井治療院の治療を受けてみてください。

好発年齢

発症年齢は20代が最も多く(全体の36.5%)、30代(27%)大部分は40代(18.7%)までで、50歳以上の発症は数%に過ぎません。

スポーツをよくする10代にも多く診られます。

50歳を過ぎてヘルニアと診断される方は、シビレなどの症状が出なくても以前にヘルニアを発症している方が多いです。
CT検査やMRIなどの画像検査では、腰部や足にまったく症状がない人でも、ヘルニアなどの異常が見つかる場合があります。
画像診断の異常=腰痛、足のシビレなどの症状が一致するとは限らないのです。

基礎知識

背骨と背骨をつなぐ部分には椎間板(ついかんばん)というクッション作用のある円盤状の軟骨があります。椎間板は中央部に髄核(ずいかく)というゼリー状のものがあり、それを囲むように硬いゴム状の繊維輪(せんいりん)と呼ばれる軟骨が包んでいます。

ゼリー状の髄核(ずいかく)は繊維輪(せんいりん)の中にすっぽりと包まれているため、外にでてしまうことはありませんが、もともと体重の負荷がかかる椎間板に、激しい運動や体重増加などによりさらに負荷が増すと、椎間板にかかる圧力が強くなり、中にある髄核は外に押しつぶされてしまいます。

その圧力で椎間板全体が横に飛び出てすぐ横を走る神経を圧迫してしまいます。この神経の圧迫により腰痛や足の痛み、シビレの原因となります。この飛び出た部分ヘルニアと呼び、腰の部分で飛び出たヘルニアを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

さらに椎間板に強い圧力がかかる生活を送っていると髄核をとり囲む繊維輪に亀裂が入ってしまい、そこからゼリー状の髄核が突出し、椎間板のすぐ横を走っている神経の束を圧迫し腰痛や足の痛み、シビレを起こす原因となります。

なぜ椎間板ヘルニアは若い世代に多く、50歳以上では発症が少ないかというと、椎間板の中にあるゼリー状の髄核は、若いころは水分をたくさん含みとても弾力性のある状態ですが、50歳以上になると髄核の水分量は極端に減り、弾力性はなくなり、ゼリー状ではなくなってきます。 若い頃は、椎間板にも弾力性があるため、年配者に比べ腰をひねる、前屈、後屈などがスムーズに可動域が広く行えますが、髄核がゼリー状であるがため、周りを覆っている繊維輪を圧迫し椎間板の飛び出る(ヘルニア)原因となってしまい神経を圧迫してしまいます。

いっぽう50歳以上になると、椎間板の弾力性がなくなることで腰をひねる、前屈、後屈の可動域は狭まってきますが、椎間板の髄核が硬くなるため、外に飛び出ることはなくなります。

イメージでいうと・・・

若いころの椎間板というのはカップ(繊維輪)に入ったゼリー(髄核)のようなもので、上からカップを押すとゼリーとカップは横に広がると思います。カップのすぐ横に神経が通っていると思えば、椎間板が神経を刺激してしまうことがイメージできると思います。
圧力のかかった状態でさらにカップに楊枝などで穴(繊維輪の亀裂)を開けたとすると中のゼリー(髄核)が外に飛び出てきて、)神経を強く刺激することになります。

一方、50歳以上だとカップゼリーではなく筍の輪切りをイメージしてください。あまり上から圧力を加えても横には広がらないことがイメージできると思います。

ヘルニアにはCT検査やMRI検査などにより椎間板の出っ張り方によって4種類に分類分けされています。

椎間板ヘルニアの症状

ヘルニアの起こる好発部位は、第五腰椎と第一仙椎の間、第四腰椎と第五腰椎の間にある椎間板がヘルニアを起こすため、それぞれの間から出る神経(坐骨神経)が圧迫されるため、腰部、殿部、太ももの裏、膝の裏、ふくらはぎ、足の裏、すねなどの坐骨神経の支配領域に痛みやシビレ、筋力低下、腱反射低下などの症状が診られます。

下肢の痛みまたはしびれの出る位置によりどの高さでヘルニアを起こしているのかを判断できます。

すねの内側から足の親指にかけてしびれる
→第四腰椎神経

すねの前から足の甲、足裏がしびれる
→第五腰椎神経

足の小指から外側にかけてしびれる
→第一仙椎神経

椎間板ヘルニアの診断

X線

極端に出っ張っているヘルニアは観察できるが、CTやMRIで細かい画像診断が必要。

CT、MRI画像検査

腰椎の縦、横の輪切りの図が撮れるので、どの高さでヘルニアが起きているのか、どっちの方向に出っ張っているのかなど細かな画像診断が出来る。

SLRテスト

患者を仰向けで寝かせ足をまっすぐ伸ばした状態で、痛みやシビレの出る足を曲げていく(足を上に上げていく)
その時に痛みやしびれが強くなる場合、腰部椎間板ヘルニアの疑いがある

症状と画像診断は一致しない??

今まで、X線やMRI等の画像診断を受ける方は腰から足にかけて何か症状のある方が受け、結果ヘルニアなどが見つかってきました。しかし、実験的に腰から足にかけての症状がなにもない方のMRI画像を撮ってみると、ヘルニアだと思われる軟骨の出っ張りがある人が多数診られました。

実は画像診断で判断できるヘルニアと症状が出てるヘルニアとでは決して一致しないのです。
ヘルニアが起きていてもシビレ、痛みを感じる方もいれば、まったく無症状の方もいるのです。

ではこのつらい腰痛、シビレの原因は?

これはある程度私の仮説になってしまいますが、画像診断でヘルニアが起きていても腰下肢痛の出る人、出ない人がいるということは、ヘルニアそのものが神経を圧迫して痛むのではなく、ヘルニアを持っている人は神経の近くが炎症が起こしやすく、その炎症により腰から足にかけての痛み、シビレが出るのだと思われます。
ですから、「炎症が起きやすい」と書いたのは「炎症が起きてない」人もいるということです。その人たちが画像にはヘルニアが診られても、腰下肢痛のでていない人たちだと考えられます。

結果、出っ張ったヘルニアを取り除かなくても、炎症を起こしている神経を沈静化することができれば、ヘルニアの症状である、腰から足にかけての痛み、シビレの改善が出来ます。

椎間板ヘルニアの整形外科での治療

保存療法(手術はせず、他の方法で様子を診る)と手術療法に分けられる。

保存療法

鎮痛薬(痛み止め)の処方(ロキソニン、ボルタレン等)

温熱療法

けん引療法

現在、整形外科学会でも発表されたように、多くの腰痛に効果がないと言われているが、整形外科では未だに行われているところもある。椎間板自体を引き伸ばすことはできず、周りの筋肉を引き伸ばすことで一種のマッサージ効果があるだけ

運動療法

マッケンジー体操

神経ブロック注射

痛みを起こしている神経に麻酔を注入し痛み、シビレの緩和をはかる。
(硬膜外ブロック、神経根ブロック、トリガーポイント注射などがある。)

レーザー治療(PLDD)経皮的レーザー 椎間板減圧法

  1. ヘルニアが飛び出し神経を圧迫
  2. ヘルニアによる神経の圧迫を弱めれば痛みの原因がなくなる。
  3. ヘルニアを起こしている椎間板の中央部にレーザーで空洞を作る
    椎間板の内圧は下がるので、飛び出したヘルニアは元に戻る。
  4. 神経の圧迫がとれ痛みが楽になる。

手術療法

基本的にはどのヘルニアでも保存療法で様子を見ますが、尿や便が出ずらい(膀胱直腸障害)や筋力低下、激しい痛みが三カ月以上続くものは手術適応になることがある

椎間板ヘルニアに対する当院での治療

現在、国際腰痛学会の発表によると、「椎間板ヘルニアは、9割の方が自然治癒する」という発表がでました。
ヘルニアのでっぱりは、人間が元々もっている免疫細胞であるマクロファージが取り除いてくれることが立証されました。
ですから、現在は、手術をせずに治療を進めていくことが主流になっています。
しかし、椎間板ヘルニアによる腰痛・足のしびれ・痛みは耐えがたい痛みの事が多く、自然治癒するのに数カ月かかると言われているので、それまでの痛みのコントロールが必要になります。
椎間板ヘルニア(椎間板性腰痛)は、 激しい腰痛と足のシビレが強いため、腰やお尻周りにも強い筋緊張がみられます。この筋の緊張により、筋肉は縮み、さらに椎間板にかかる圧力が増し、椎間板の突出(ヘルニア)を助長してしまいます。

土井治療院の治療により、椎間板ヘルニアの治療で期待されるのが、

①痛みにより、腰回りの筋肉が硬くなり、さらに痛みを助長してしまうので、腰回りの筋肉の緊張緩和。

②興奮している神経は、激しい痛み・しびれを起こすので、興奮している神経の沈静化。

③炎症が起きている神経周辺の消炎鎮痛

④ヘルニアを除去してくれるマクロファージをヘルニア近くに集める。

をおこなうことで辛い椎間板ヘルニアの痛みを改善することができます。

また、椎間板ヘルニアによる痛みが起きてしまう原因は人様々です。

①日常の不良姿勢

②体の連動性の欠如によりスポーツ時に椎間板にかかる内圧が上がってしまう

③神経と筋肉の接合部でうまく伝達ができず、本来働くはずの筋肉が働かず、椎間板に負担がかかってしまう。

④食生活の乱れなどにより内臓が疲労し、内臓疲労により体の中心軸が崩れ、椎間板に負担のかかる姿勢、動きになっている

⑤肝臓の機能低下により糖代謝が下がり、椎間板自体が硬くなって亀裂が起きやすくなっている

など様々な原因があげられます。100人の椎間板ヘルニアの患者さんがいたらその原因が100通りあるといっても過言ではありません。

それらの根本原因と取り除くために当院では鍼治療(はりちりょう)×神経整体×波動療法を組み合わせて治療をおこないます。

私は今まで臨床経験20年、全国様々な治療技術セミナーに参加してきました。その総額は2000万円を越えます。その中で、椎間板ヘルニアを最短で改善させるためには鍼治療×神経整体×波動療法を組み合わせた治療が効果をあげることができます。

電話番号:0120-000-435

LINEからのご予約はこちら(24時間受付中)

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

なぜ、多くの院の中から当院が選ばれるのか?5つの理由

技術研磨の総額2000万円以上!全国に渡り技術を磨いてきたから

施術の写真

多くの整骨院・整体院では1つの技術を学び、その技術で施術を行います。
言うなれば、1つの技術しかないため対応できない症状も存在するのです。

しかし、当院はちがいます。
院長自らが全国へ赴き、良いと言われる技術はすべて習得してきました。
そのため、その方の症状・体質に合った最速最善の施術法をご提供することができます。

トップアスリートからも支持される技術

お客様の写真

当院には、トップアスリートが多数ご来院いただいております。
お名前は控えさせて頂きますが、Jリーガー・オリンピックメダリスト・ボクシング世界チャンピョン・プロレスラー・プロゴルファー・実業団ランナー・大学駅伝ランナー・プロダンサーの方の症状を改善へと導いてきました。

身体を資本とする選手の方々が頼りにしてくれる施術院であることをうれしく思います。

新聞・雑誌・本などのメディアにも多数掲載

掲載メディアの写真

土井治療院は、多くの雑誌や健康本などに掲載されています。
テレビでは、報道番組『news every』への「スマホ肘」に関する取材も協力いたしました。

また、読売新聞や神奈川新聞など新聞媒体にも掲載。
これは施術業界では珍しいことです。

これも、地域をはじめとした皆々様にご支持いただいたおかげです。

セルフケアの方法を動画で分かりやすく伝えているから

動画の写真

当院ではYouTubeチャンネルを構えており、そこにセルフケア動画を投稿しています。
なかには再生回数が550万回を超えている動画も。

ご来院者様には、そんな大人気のセルフケア動画の中から、その方に合ったセルフケア方法を厳選してお伝えしています。

ご希望の方にはLINEでの動画配信も行っていますので、「あのセルフケアはどうやるんだっけ?」と忘れてしまった時でも、いつでも確認することができます。

▼当院のセルフケア動画一覧はこちら
https://www.youtube.com/user/doichiryouin/playlists

女性スタッフ常駐 キッズスペースも完備

キッズスペースの写真

当院には女性スタッフが常にいるため、男性による施術が苦手な方でも大丈夫。
ご要望がございましたら、対応させていただきます。

また、院内にはキッズスペースも完備。
小さなお子さんをお持ちのママさん・パパさんもお気軽にご来院ください。

当院の施術は身体のことを熟知した健康のプロから高い評価を得ています

サッカー界のレジェンドからの推薦文

木村和司様

プロバレエダンサーからの推薦文

ドイツニュールンベルグ州立劇場所属
佐々木名都様

プロダンサーからの推薦文

小峯晃様

JFL 松江FCからの推薦文

泉宗太郎様

医師からの推薦文

中里俊隆先生

「量子療法」開発者
「新医学研究会」主催
「新医学療法院」理事長

中里俊隆先生

土井亮介先生は施術業界をリードしてくれると信頼しています

土井亮介先生には、長崎で開催していた「新医学療法」のセミナーや、福岡でのセミナーに参加していただきました。
「真面目に勉強されている」というのが第一印象です。
私の話に真剣に耳を傾け、鋭い質問も投げかけてくれました!

現在施術業界も大きな変化の渦の中にいますが、土井亮介先生はしっかりした愛のエネルギーを胸に定着させて仕事に取り組んでくれているので、さらに進化向上し業界をリードしてくれると信頼しています。

土井亮介先生は愛の存在の人。尊敬しています。

医師からの推薦文

坂田龍彦先生

外科医
坂田龍彦先生

土井先生は、たくさんのご来院者様を笑顔に導いた実績が豊富です

土井亮介先生とは、「エネルギー療法」の大御所のセミナーで度々ご一緒させていただいています。
そのご縁で御推薦の療法セミナーを教えて下さり、私も学ぶようになりました。

土井先生はお人柄が素晴らしく、御縁ある方々を笑顔にして差し上げたいと、あくなき探究心で日々研鑽されております。
また、たくさんのご来院者様を笑顔に導いた実績も豊富です。

私も誠意をもって土井治療院さんを推薦させていただきます。

電話番号:0120-000-435

LINEからのご予約はこちら(24時間受付中)

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする